音声ファイルのダウンロードはiPhoneではできない

昨日のスマホ講座の中で、いろいろな質問がありました。
その中でも、私も初めての事柄を書き留めておきたいと思います。

「メールで音声ファイルのURLを送られてきて、
聴くことはできるのですが、iPhoneにダウンロードができない。」

とのことでした。
試しにフリーの音声ファイルを入手し、サーバーにアップして、アドレスをメールで添付して試してみましたが、
確かに、iPhoneのブラウザsafariで聴けるのですが、ダウンロードはできないみたいでした。
う~ん、どうしたらいいものかー?

しかし、生徒さんの話によれば、他の方(同じようにメールで聴いてられる)は、ダウンロードしてスマホで何回も聴くことが出来ている、とのこと。

多分、アンドロイドではないかと思い、確認すると、iPhoneではダウンロードできないけど、アンドロイドでは確かにダウンロードができるようになっています。

いろいろ調べてみると、appleでは音楽のダウンロードはできないようにしているみたいですね。
これからご紹介するアプリでも、以前は直接ダウンロードできたみたいですが、今はそのボタンもなくなっていました。

前置きが長くなりましたが、では、どうやってiPhoneに音声ファイルを入れたら?
ということなのですが、答えは直接ダウンロードはできないので、
パソコンに一度ダウンロードしておいてから、iPhoneにアップということになります。
itunesを使えばもちろんできますが、 今回は、OPlayer Lite というフリーのアプリで
割と簡単にiPhoneにアップすることができました。

次からご紹介する方法は、音声ファイルはパソコンにダウンロードしている状態から、ということになります。
音声ファイルのダウンロードの仕方は、音声ファイルのURLを右クリックして、「対象をファイルに保存」を選び、分かりやすいところに保存しておいてください。

  OPlayer Lite のアプリをAPP Storeから入手します。

「wifi転送」を開きます。

「このアドレス」の欄のURLをコピーします。


ブラウザを開き、コピーしたURLで開くと左の画面になります。
「Upload File」をクリックして、ダウンロードした音声ファイルを指定するか、
ここへファイルをドロップすると、簡単にiPhoneに音声ファイルを入れることができましたよ。

音声ファイルは、「マイドキュメント」の中に入っています。

これで、ネットにつながっていない環境でも、音声ファイルを聴くことができます。
また、繰り返し聴いたり、ファイルが多くなるとフォルダを作って整理することもできるので、
便利なアプリだと思います。

ぜひiPhoneの方は試してみてくださいね。