WIN10が入っている中古のPCにWIN8をデュアルブート(備忘録)

月日がどんどん経ってしまって、もう8月です。
以前も同じことをしたのですが、もう一度することになり
きっちりやり方を忘れてしまいましたので、
またまた備忘録として、書いておきます。

WIN10が入っている中古のPCを12,000円ほどで購入。
HDDは350GB。
これに、今教室の単独のWIN8.1を入れて、デュアルブートにします。
 
事前準備として、
① WIN8.1とOffice2013のプロダクトキーを調べておく
② WIN8.1のインストールディスクを作製しておく。

手順は
① WIN10のHDDのパーティションを分割、フォーマット
② WIN8.1のをディスクでインストール。
③ Office2013をインストール

とまあ、簡単に書けば、かなり簡単そうなのですが、
やってみると、そこはいろいろトラブルが出てくるのがこの世界^^;
 
事前準備の①は、フリーソフトがあるのでそちらで調べ、
②は以前に作ったインストールディスクで代用

ではでは、いよいよ作業へ。
① WIN10のパーティションの分割

フリーソフトのEaseUS Partition Naster Free版で分割。
ところが、何回やっても分割できなくて、
仕方がないので、いつもの通りのWindowsのディスクの管理で分けることに。
 
2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16

2016-07-26 16



② インストールディスクでWIN8.1をインストール
ところが、以前作ったディスクで入れようとしたら、まったく認識してくれず、仕方ないので、新たにインストールディスクを作る羽目に^^;
 
でも、今度はちゃんと認識してくれましたよ。
手順としては、一度パソコンを起動しておいて、
WIN8.1のインストールディスクを挿入し、再起動。

ロゴが出たところで、F12を押し、ブートメニューを表示させ
CD/DVDからの起動に変更。

カスタムを選択
2016-07-26 18

WIN8.1の方を選択
2016-07-26 18

2016-07-26 18

無事、終了、ちょっとてこずりましたが出来ました。^^
2016-07-26 19

あとは、Office2013をインストールするだけです(^o^)

コメント


認証コード8786

コメントは管理者の承認後に表示されます。